Now Loading...

Now Loading...

 

【全仏オープンジュニア 最終結果】

全豪オープンに引き続き、全仏オープンに出場したのが、
齋藤咲良選手(MAT Tennis Academy)
木下晴結選手(LYNX Tennis Academy)
の2名です。
■結果
シングルス予選
木下選手 予選突破
シングルス本戦
齋藤選手 初戦敗退
木下選手 初戦敗退
ダブルス本戦
齋藤/木下組 ベスト16
2人にとって初めての全仏オープン
木下選手は全豪オープンに続いて予選突破。ただ、両選手ともに本戦は初戦敗退となり、おそらく本人たちにとって悔しい結果となりました。ダブルスは2Rで第2シードの選手に敗退。相手選手は、どちらもキャリアハイが世界トップ10の実力者でした。
ただ彼女らの挑戦は始まったばかりです。
世界の大舞台で今後活躍するのを楽しみにしています。

【ガールズカップ2022 エントリー開始】

本日より『富士薬品セイムス ガールズカップ2022』地域大会のエントリー受付を開始致しました。大会概要&エントリー詳細はホームページからご確認ください。富士薬品セイムス ワールドチャレンジプログラムは、世界を目指して本気で頑張る若き選手たちを応援しています。
※北信越大会の詳細については、後日アナウンスします
大会ホームページはこちら

【光崎プロ・川村プロ・辻岡選手 速報】

ここのところ嬉しいニュースが続いています。
プロの部門では、クロアチアのW25で戦っている光崎楓奈選手と川村茉那選手がダブルスで優勝
ジュニアと部門では、トルコ遠征の最後となる辻岡史帆選手が単複優勝でフィニッシュしました。おめでとうございます!

これら結果を受け、WTAダブルスRankingが
光崎プロ 228位
川村プロ 281位
となり、2人ともキャリアハイ更新です。
加えて、辻岡選手も、ITF Junior Rankingで自己最高位の253位をマークしています。
引き続きの応援よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・
■光崎楓奈選手(h2エリートTA)
■CSJ 川村茉那選手(フジキン)
クロアチア(W25)
 ダブルス 優勝
■辻岡史帆選手(SYT月見野TC)
トルコ(G4)
 シングルス 優勝
 ダブルス  優勝

【高室侑舞選手がKOBE OPEN優勝!】

先日行われたDUNLOP KOBE OPEN (ITF Futures)において、高室侑舞選手(荏原SSC)が女子シングルスで優勝、ダブルスで準優勝しました!
高室選手は力強いサーブとストロークで主導権を握るプレースタイルで、シングルスでは大会を通して1セットも失うことなく優勝を決めました。
15歳6ヶ月での優勝は2009年大会優勝の上地結衣選手に次ぐ快挙です。

今週は2大会連続優勝を目指し、IIZUKA OPEN (ITF Futures)に出場します。皆さま応援のほど、よろしくお願いいたします。

【辻岡史帆選手 日本一から世界へ】

先日行われたMUFG全国ジュニアテニストーナメント2022において、辻岡史帆選手(SYT月見野TC)が女子シングルスで優勝しました!彼女自身、12歳以下の全国選抜ジュニアでの優勝ぶり、全国2回目の優勝です。
今回MUFGへの参加の裏には、海外大会スケジュールを考慮しつつ、最終的に本人の「もう一度絶対日本一を獲りたい!」という自身の強い思いがありました。ただ、既に視点は世界に向いています。

MUFG終了後、すぐにトルコに飛び、現在1週目が終わったところです。
1週目はJ3大会。2回戦で第1シード選手(キャリアハイ29位)に負けてしまいましたが、今週、来週と遠征は続きます。

帯同しているコーチからは、
「トップ選手になるためのスタートラインだと思って今回の遠征でトライしたい」というコメントを頂きました。
チームとして世界挑戦へのスタートラインに立った辻岡選手。是非皆さん応援のほどよろしくお願い致します!

MUFG全国ジュニアテニストーナメント2022
大会ホームページはこちら

【日本代表選手にTAG選手が4名も!】

The 2022 BNP Paribas World Team Cup ポルトガル大会の日本代表選手が発表され、TAGから以下の4名選手が選出されました!

■男子クラス
小田凱人選手(東海理化)

■女子クラス
CSJ 船水梓緒里選手(三菱商事)

■ジュニアクラス
川合雄大選手(高崎テニスクラブ)
高室侑舞選手(トップアスリートグループ)

尚、小田選手は2003 年に19 歳で初出場した国枝慎吾選手の最年少記録を3年以上更新する、15歳 での出場予定となります。5月2日からポルトガルで行われる世界大会に出場してきます!皆様応援よろしくお願いします!

日本車いすテニス協会HPリリースはこちら

【全豪オープンジュニア 本戦開始】

本日より本戦がスタートです。

今回挑戦する選手は以下の3名です。

齋藤咲良選手(MAT Tennis Academy)
木下晴結選手(LYNX Tennis Academy)

原崎朝陽選手齋藤選手は本戦からスタート。木下選手、原崎選手は予選を見事通過して本戦入りを果たしました。

思い返せば2019年の全豪オープンジュニアでは、昨年全日本選手権で優勝したCSJの川村茉那選手(フジキン)、同大会で準優勝だったh2エリートTAの光崎楓奈選手をはじめとして、CSJの佐藤久真莉選手(富士薬品)も出場していました。たった2年後、既にプロの世界で大活躍している先輩方の背中を追って、今回の3名の選手も是非、オーストラリアの地で躍動してほしいと思います。応援よろしくお願いします!

【富士薬品 アメリカ遠征終了しました】

大きなトラブルもなく、無事帰国しました。

大人の諸々の心配は選手たちは関係なく、成田空港着いた選手たちの口からは、
「すぐにアメリカに戻りたい」
「もっと長く遠征したい」
「みんなと離れるのが嫌だ」
という声でいっぱいでした。
ともかく、この1か月が充実した遠征であったことは間違いないようです。

この1か月で何を学んだか。

テニスの面では、日本で通用するプレーが外人のトップ選手には通用しないこと。プレーの幅がもっと必要なこと。外国には想像もしないくらい大きい選手がいて、もっとフィジカル面を強化しないと戦えないこと。今まで色んな大人から聞かされてきて理解していたつもりでも、まさに百聞は一見に如かず。選手たちの「リアルな経験」として今回強烈に感じられたことは何よりも収穫です。

もう一つは(こちらの方がある意味大事かもしれません)、生活面での成長。
メンバーのほとんどは初海外。長距離移動、長期間親元を離れる、食事面、言葉の壁。。。その変化に正直序盤は全く対応できませんでした。
それから2週間くらい経ち、体の面でも、そして考え方の面でも成長(対応)し、少しずつ自立できるようになりました。結果、オレンジボウルの方がチーム全体としても良い戦績だったことは、そのような要因が背景に必ずあると思います。是非、日本に帰ってきたあともその成長した考え方を、継続してほしいと思います。

さて遠征はこれで終わりですが、まず何より、今回の遠征を実施してくださった富士薬品様に多大なる感謝を申し上げます。素晴らしい判断とサポートにより、選手たちが今後飛躍するきっかけになりました。そしてその他にも本遠征を裏からサポートして頂いた皆様のおかげで、無事日本に戻ることができました。今回の遠征に尽力してくださった全ての方に心から御礼申し上げます。

トップアスリートグループはこれからも、世界を本気で目指すジュニアを応援していきます!

【小田選手が車いすジュニア最優秀選手賞を受賞】

小田凱人選手(岐阜インターナショナルテニスクラブ)が、ITFが発表する車いすジュニア最優秀選手賞を見事受賞しました。おめでとうございます!

下の写真はITF本体のトップページです。車いすに限らず、全世界のジュニアやプロも見るITFホームページのトップを日本人選手が飾っており、本当に嬉しい限りです。

小田選手の来年以降の活躍を応援しています!

【全豪オープンジュニア出場への大きな飛躍】

日本国内でITF大会が続けて行われている中、より高いグレードの大会に出場すべく、齋藤咲良選手が2週連続で、木下晴結選手が後半1大会に挑戦し、両選手とも素晴らしい結果を残しました。

■齋藤咲良選手(MAT Tennis Academy)
1週目大会(グレード3)
シングルス 優勝
ダブルス 優勝

2週目大会(グレードB1)
シングルス 優勝
ダブルス ベスト4

■木下晴結選手(LYNX Tennis Academy)
2週目大会(グレードB1)
シングルス ベスト4
ダブルス ベスト4

この結果を受け、最新ITFジュニアランキングでは
齋藤選手 68位
木下選手 147位
と大幅なジャンプアップを果たしました。特に齋藤選手の100位以上の飛躍は世界的に見ても特質すべきことです。

そして来年1月に控えている全豪オープンジュニアに関して、木下選手は先日ご報告した前哨戦トララルゴンWCが全豪予選WCに昇格し、見事出場を決めております。また齋藤選手は自力ランキングで現在、補欠の1番。ほぼほぼ出場できる位置にきています。まさに勇気を出してインドにチャレンジをした結果、夢のグランドスラムジュニア出場へ大きく近づくことができました。

そんな2人の選手を、今後とも応援よろしくお願い致します!全豪オープンジュニアの結果は随時ご報告します。