Now Loading...

Now Loading...

 

【ITFジュニア 結果】

【ITFジュニア 結果】
~J4 SHENZHEN~

中国のSHENZHEN(深圳市)から、TAG所属クラブの選手の嬉しいニュースが届きました🎍

この大会を、単複共に第1シードで臨んだ松田絵理香選手(狛江ATP)。シングルスはベスト8でしたが、ダブルスでは見事優勝しました🏆

2020年が、松田選手にとって飛躍の年になりますように!皆様のご声援よろしくお願い致します😊

■ITF大会ページ
https://www.itftennis.com/…/chn/…/j-g4-chn-01a-2020/overview

 

【フロリダツアー 統括】

2019 TAG フロリダツアー 統括

無事全員フロリダより生還しました。
本当に大きなケガもなく無事親御さんの元にお返し出来て只今力が抜けてます笑

 

【参加者へのメッセージ】

<ハルト>
エネルギーを正しい方向に使う事が全てかな。

しかし、ハルトには素晴らしい、人には無いエネルギーがあるからそれを正しく使えるようになれば日本一も夢じゃない‼️

 

<ソウタロウ>
持ち前の純粋な心が全てを受け入れてどんどん沢山の事を吸収したのでは?

素晴らしいバネを武器に更に磨きをかけて頂戴^_^

牛乳は飲み終わりましたか?大きくなれよ‼️

 

<コウスケ>
マッチ練習は感動だったなぁ〜全国クラスに勝利^_^不器用だけど、コーチの言葉を全てを受け入れてそれを不器用に頑張って行動し努力したからの結果です‼️戻らない事を心から願うばかりです笑

 

<ネイロ>
素晴らしいボールを打てるけど…それをどう操つる力が必要かな。理想と現実のギャップを埋めるには「我慢」して練習するしかないかな。これが「努力」‼️ネイロなら出来るよ^_^

 

<ユリ>
攻撃のみでは勝てない…相手が嫌がる事を考えて新しいアイデアを出して行こう^_^
ユリは、賢いから必ず出来るよ^_^
内に秘める闘志とポジティブとネガティブのバランスが最高です‼️

リヨ
ゲーム性、ガッツ◎です^_^もっと、長所のゲーム性とガッツを生かせる為に技術を身に付けよう^_^そうしたら、3ステップジャンプアップ間違い無し‼️

おしゃべりにも磨きかけてね笑

【2019 TAGフロリダツアー⑨】

TAG フロリダツアー ⑨

間も無く起床して空港へ向かいます。
あっという間にテニス漬けのマイアミ生活が終了になってしまいました。

昨日は、午前中が雨の予報だったのでお土産等を買いにドロフィンモールに行き、そこから秘密コートにて練習をし最後はマイアミ大学に移動してマッチ練習をしました。

約2週間でしたがオフも無しにテニス漬けで突っ走って来ました。

日本に帰っても軌道の高さや海外選手の戦う姿勢などを忘れずにやり続ける事がスタートなのでは?と思います。

成田到着するまで気を抜かず帰国したいと思ってます。

【2019 TAGフロリダツアー⑧】

TAG フロリダツアー ⑧

今日も朝から練習して決勝戦を観戦してからの他のチームとマッチ練習をしました。

マッチ練習でチャレンジして勝てなかった選手に勝ったり、環境をフル活用してる選手は伸びて行きます。

毎回思うのが、果たして日本人は勤勉なのか?海外選手の方が我慢強いし強い選手は練習もたくさんしてます。

そんな素晴らしい選手たちがいる環境でテニスに1日中没頭出来るフロリダは最高だなってつくづく思います。

残り1日ですが、なるべくたくさんの物を持ち帰って貰えたらと思います。

 

【2019 TAGフロリダツアー⑦】

TAG フロリダツアー ⑦

コンソレに向けて出発する時に天候の為、全コンソレが中止が決定しました。
女子は、午前中練習からの14歳女子試合観戦をしました。
男子は、午前中練習からの3セットマッチ練習に参加してコンソレで失われた試合数を穴埋めしてます。

身体の疲れもピークに来てますが、色々な事にチャレンジして貰えたらと思います。

今日も朝から練習をし試合観戦からの3セットマッチ練習の予定です。

【2019 TAGフロリダツアー⑥】

2019 TAGフロリダツアー⑥

いよいよ昨日からジュニアオレンジボール本戦が始まりました。予選とは違ってぐーんとレベルが上がります。
男子からはハルトが挑戦しましました。
女子からはLLで朝からトーナメントデスクに張り付いてからの出場でした。

ハルト
1R 46 75 63
1stは、スタートから打たれまくりで為すべが無しでしたが上手く相手のリズムを崩して何とか勝利を手に入れました^_^
しかし、イライラ虫はまだハルトの身体に住みついており破茶滅茶な部分は多々ありました。

本人も自分自身との戦いを頑張っております。

 

2R 57 06
25ダウンから上手く55にしてそこから65の流れでしたが、

相手の長所へ猛攻撃をしかけ長所を破壊出来ずに撃沈しました。
しかし、冷静に考えて対処出来るようになり始めました。

 

リヨ
1R 06 16
リヨにとっては重いスピン量が多くオーバーパワーされてしまいました。

弾かれる事が多かったがいい経験になったのではと思います。

 

コンソレ1R 06 46
相手は、守備と攻撃を上手く使い分けて中々ゲームを取らせて貰えなかったんですが2ndの03から攻撃的にしかけたり、

ドロップやアングルを使ってゲームをもぎ取りに行く姿勢には感動しました。

【2019 TAGフロリダツアー ④】

2019 TAGフロリダツアー④

今日は、ジュニアオレンジボール予選2日目でした。

朝6:20にはホテルを出発し秘密練習会場にて練習して会場へ移動しました。
朝からみんな顔色が良く元気でした^_^

ネイロ
1R bye
2R 36 36
軌道を上げたり色々と工夫してプレーをしてましたが、ラリーの中で我慢が出来ずにすぐ攻撃してミスが早かったです。

リスクマネージメントをしっかりしてショットセレクトをすればチャンスありです。

ユリ
2R 06 16
少しラリーのスピードやコースが厳しくなるとボールを横打ちになってしまいボールが抜けてしまってミスに繋がってました。
色々と工夫してプレーしてましたが技術やフィジカルがついて来てなかったです。

リヨ
1R bye
2R 57 62 10-5
3R 64 75
1stサーブを何となくすぐに打ってましたが2Rの1セットオール時にアドバイスをし1stサーブの確率が良くなりました。

冷静に考えて判断してプレーを出来るのがリヨの魅力です。後1勝で本戦です。

男子は、午前中みっちりトレーニングで正しい動きを身体に染み込ませ午後からオンコートで練習しました。

試合の無い選手は、とことんトレーニングと練習をしたいと思います。

【2019 TAGフロリダツアー ③】

2019 TAGフロリダツアー ③

今日からジュニアオレンジボール予選がスタートしました。コウスケ、ソウタロウとユリの試合のみがありました。ハルトは、2dayトーナメントでリヨとネイロは練習日でした。

コウスケ
4-6 4-6

しっかり最初から最後までやれることはやった感じでした。声も物怖じせず出し、今できることはコートでしてきました。ここからどのように変われるのかしっかり見ていきたいと思います。

ソウタロウ
0-6 6-4 8-10

出だしは相手のパワーに圧され自分の世界に入り日本と変わらなかったが、2ndからボールをコートに返すことで少しずつチャンスが出てきました。最後は紙一重で押しきられました。
1st自分の世界、2nd相手とテニスをする、ファイナル、ゲームをまとめきれずといった感じです。

ユリ
75 61

1stセットは、相手の集中力もあり中々ミスを貰えない中でユリも相手を下げようともがきながらラリーをしてチャンスを上手くものにしてました。まだ、相手を下げるボールを安易にミスをしてしまいますがこの緊張感で試合をこなせれば成長するはずです。

ハルト
1R 63 46 10-5
2R 26 26

クレーでのイレギュラー等にイライラして案の定爆発して…勝ちたいのか?爆発したいのか?の選択肢が明確ではありません。とにかく、持っているアドレナリンの方向を正しい方向へ向ければ楽しみですが…このエネルギーを正しく噴火させる為に精進あるのみです。

明日も6:30出発でフルファイトして来ます^_^

【2019 TAGフロリダツアー②】

2019 TAGフロリダツアー②

到着してから1日練習日からの2dayトーナメントに参加しました。雨等で試合進行が遅くなったりスケジュールが大幅に崩れたり選手たちも大変日々を過ごしてます。

しかし、ミーティングで成長するには「負荷」がかかってその負荷を乗り越えた分だけ成長出来ると言う成長のメカニズムを伝えました。

ちゃんと、雨等でスケジュールが大幅に狂い毎日6:00~21:00までみっちりテニス&トレーニングで疲労困ぱいしてましたがみんな文句や嫌な顔せず元気に頑張ってます^_^

6人とも「我慢」しながら元気良くテニスしたり生活をしているのを見ると感心します^_^

顔つきも少しずつですが、大人ぽくなってます。
明日からユリのジュニアオレンジボールが始まります。フルファイトしてもらいます‼️

【エディー・ハー 準優勝!】

フロリダ遠征 「エディー・ハー国際ジュニア選手権 準優勝!」

 

MAT Tennis Academy 齋藤咲良選手が

エディーハー単複準優勝を果たしたため、テニスクラシック様から単独取材を受けました!

是非ご覧ください!

 

詳細はこちらから

富士薬品セイムスワールドチャレンジプログラム

テニスクラシック編集部